五郎(ごろう)25度1800ml 【吉永酒造】

味わいに基づいたひご屋の焼酎ラインアップ お好きな焼酎をお撰びください

初心者にオススメ 白麹を用いて醸された芋焼酎 黒麹を用いて醸された芋焼酎
ブレンド芋焼酎と個性派芋焼酎 香りが良くて飲みやすい芋焼酎 その他の飲みやすい芋焼酎
熟成芋焼酎 季節の焼酎・祝酒 麦焼酎
米焼酎とその他の原料の焼酎 黒糖焼酎 梅酒・リキュール
ギフト 南九州伝統の調味料&特産品 呑み比べセット
商品カテゴリー
商品カテゴリー
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

焼酎通販[焼酎のひご屋]トップページヘ > 蔵元・メーカー > 鹿児島県 > 薩摩半島中部 > 吉永酒造(甑島) > 五郎(ごろう)25度1800ml 【吉永酒造】《芋焼酎》

五郎25度 1800ml

ごろう
薩摩川内市下甑島吉永酒造

「蛍水」で醸した新しい五郎です。濃醇な辛口ですが飲み口はまろやかで後味の良い仕上りです

●明治41年(1908年)創業の吉永酒造は、東シナ海に浮かぶ甑島(下甑島)にあります。
創業時から使用している甕壺を用いて、丁寧な焼酎づくりをされています。

●「五郎」は、潮風をいっぱいにうけて育った島特産のさつま芋「黄金千貫」を原料に白麹で一次・二次とも甕壺で仕込み醸されています。

仕込み水・割り水は、今まで「こしき海洋深層水」を使用していましたが、この度 蔵の近くにある手打佐ノ浦に湧く蛍水を使用するようになりました。

蔵元にお尋ねしたところ、
○地元の多くの愛飲者の方々から「昔の味」に戻してほしいとの要望が常々あったところに、
○焼酎づくりに最適な水を見つけることが出来たので 「水」を変えたとのことでした。

島内の水はマンガンを多く含んでいて、焼酎づくりにはふさわしくない水が多いなかで、「蛍水」を検査したところ焼酎づくりに向いているという結果がでたそうです。
この湧水が「蛍水」と呼ばれているのは、昔からきれいな水で ホタルがいて地域の名所となっていることから「蛍水」と呼ばれているとのことでした。

●「蛍水」を使った五郎を試飲しました。
「海洋深層水」の五郎とハッキリした味の違いは感じられませんでした。
こってりした芋の風味を残した濃醇な辛口の本格派ですが、奥が深く飲み口は意外にまろやかで後味の良い仕上がりです。
ただ、味わいに広がりが出たように思います。

●水割りなどもいけますが この焼酎の香り・旨味を堪能するにはお湯割りをおすすめします。

●酒名は、蔵の創業者である蔵主・吉永和久氏の曽祖父の名前を冠されたそうです。


このような骨格のしっかりした焼酎は、前日よりお好みの割合で加水しておく(前割り)ことをおすすめします。焼酎に水がなじんで美味しくなります。


○「五郎」を手始めに、「亀五郎」と・・順次「蛍水」を使った焼酎に変わるそうです

容 量:1800ml
原材料:さつま芋 米麹(白)
アルコール度数:25度

五郎(ごろう)25度1800ml 【吉永酒造】

五郎(ごろう)25度1800ml 【吉永酒造】《芋焼酎》

商品番号 ynk01

価格2,657円(税込)

[会員のお客さまには25ポイント進呈 ]

在庫数:5

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

・こってりとした芋の風味を残した辛口の本格派

●東シナ海に浮かぶ甑島の銘酒です。
一次・二次ともカメ壺で仕込み丁寧な手づくりで醸された本焼酎は、こってりした芋の風味を残した濃醇な辛口の本格派ですが、奥が深く飲み口は意外にまろやかで後味の良い仕上がりです。
お湯割りをおすすめします。
●原材料:さつま芋 米麹(黒)
●甑島 吉永酒造

お客様の声
  • なかなか手に入りにくい焼酎なのですが、ひご屋さんのおかげで私の定番焼酎になりつつあります。とても上品でコクのある味です。ずっとお湯割りで飲んでいましたが、この夏ロックで飲んでみたらこれまたすこぶる美味でした♪
  • 美味しいです♪ 芋のコクがあり、深い味わい。次回は一升瓶で買いたいです。
  • おいしいです まぁるくて優しいお味の芋焼酎でした やはり、お湯割りがおいしいですね
  • 安心出来る梱包で届いてからさらに信用できました。 またお願いします。
ギフト包装について