薩摩乃薫 まさり25度1800ml 【田村】《芋焼酎》

味わいに基づいたひご屋の焼酎ラインアップ お好きな焼酎をお撰びください

初心者にオススメ 白麹を用いて醸された芋焼酎 黒麹を用いて醸された芋焼酎
ブレンド芋焼酎と個性派芋焼酎 香りが良くて飲みやすい芋焼酎 その他の飲みやすい芋焼酎
熟成芋焼酎 季節の焼酎・祝酒 麦焼酎
米焼酎とその他の原料の焼酎 黒糖焼酎 梅酒・リキュール
ギフト 南九州伝統の調味料&特産品 呑み比べセット
商品カテゴリー
商品カテゴリー
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

焼酎通販[焼酎のひご屋]トップページヘ > 蔵元・メーカー > 鹿児島県 > 南薩地区 > 田村 > 薩摩乃薫 まさり25度1800ml 【田村】《芋焼酎》

薩摩乃薫まさり25度1800ml

まさり
指宿市山川  田村

限定品

新品種「さつままさり」を原料にした、甘くフルーティーな香りとスッキリした味わいの田村の力作

●「薩摩富士」開聞岳の麓から指宿市山川地区にかけて、シラス層が広がっています。
シラス層は水はけがよく乾燥しているので、サツマイモの栽培に適しており、山川地区は古くから美味しいサツマイモの産地として知られています。

その山川で1897年(明治30年)に創業した伝統蔵・田村は、創業以来使われている甕壷で仕込みをするなど丁寧な造りで定評があります。

●「薩摩乃薫まさり」は、新品種のサツマイモ「薩摩優(まさり)」を原料に黒麹を用いて、明治30年創業時から使われている「かめ壺」で一次・二次と仕込んで醸しました。

薩摩優
薩摩優(さつままさり)

   ※「薩摩優(まさり)」は、淡い黄色の外皮に、中が黄色のサツマイモで、焼酎用の
    主力品種・黄金千貫芋の系統を受け継いでいます。
    黄金千貫芋より形が美しく、貯蔵性が良く、焼酎を醸造する際のアルコール収得量も
    多く醸造適性に優れ、焼酎用サツマイモとして優れているため「優(まさり)」と名
    付けられました。

試飲しました!

  ○開栓すると、甘くフルーティな豊かな香りが漂います
  ○口に含むと、濃く奥深い甘みが口中に広がります。しかし、スッ〜と消えていきます。
   喉越しはまろやかで、後味は多少甘みが残りますがスッキリとしています。
  ○しっかりした造りの飲みやすい焼酎で、ロック・水割りにあうように思いました 
      

容 量:1800ml
原材料:さつま芋 米麹(黒)
アルコール度数:25度

薩摩乃薫 まさり25度1800ml 【田村】《芋焼酎》
薩摩乃薫 まさり25度1800ml 【田村】《芋焼酎》

薩摩乃薫 まさり25度1800ml 【田村】《芋焼酎》

商品番号 tg23

価格2,694円(税込)

[会員のお客さまには25ポイント進呈 ]

在庫数:7

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

・新品種「さつままさり」を原料にした、甘くフルーティーな香りとスッキリした味わいの田村の力作

●「薩摩優(まさり)」を原料に黒麹を用いて、明治30年創業時から使われている「かめ壺」で一次・二次と仕込んで醸しました。
●甘くフルーティな豊かな香りに、濃く奥深い甘みが口中に広がりますがスッ〜と消えていきます。
喉越しはまろやかで、後味は多少甘みが残りますがスッキリとしています。
●しっかりした造りの飲みやすい焼酎で、ロック・水割りにあうように思いました

●指宿市 田村

ギフト包装について
蔵元訪問記

■田村合名会社

■指宿市山川町成川7351-2番地

開聞岳
<開聞岳と芋畑> 田村合名
<田村合名> 山川港
<山川港-山に囲まれています> 甕壺
<浅く埋められた仕込み用甕壺> 蒸溜器
<蒸溜器> 貯蔵タンク
<石蔵のなかの貯蔵用タンク>

「薩摩富士」開聞岳の麓から指宿市山川地区にかけて、シラス層が広がっています。
シラス層は水はけがよく乾燥しているので、サツマイモの栽培に適しており、山川地区は古くから美味しいサツマイモの産地として知られています。
その山川で1897年(明治30年)に創業した田村は、山川港のすぐそばにあります。

山川港はカルデラ港で、港を囲むように切り立った山が迫っていて、蔵のすぐ裏にも山が連なっています。その山に自然湧水しているミネラルたっぷりの天然水を引き込んで仕込み水・割り水として使用しています。

美味しいサツマイモと天然水を用い、田村は早い時期から「黒麹」と「かめ壺仕込み」にこだわってきました。
まだ白麹焼酎全盛だった昭和62年(1987年)に、黒麹焼酎「純黒」の製造を開始しました。

また、田村では焼酎の一次仕込みをすべて「かめ壺」で行っています。
二次仕込みは「かめ壺」でするものと「ホーロータンク」でするものに分かれますが、 田村では一次・二次仕込みとも「かめ壺」で仕込んだ焼酎のみを「かめ壺仕込み」とうたっています。
このような蔵元の姿勢が自然と焼酎にも反映され、多くの愛飲者の支持を集めている所以だと思います。
 ※田村の「かめ壺」は浅く埋めらています。地熱が高いための工夫だそうです。
  以前は埋められずに土間に置かれていました。

「かめ壺仕込み純黒」や「鷲尾」は、蒸留後に原酒を「かめ壺」で数週間寝かしたあと、タンクに移され長期間熟成させています。
貯蔵タンク群は、温度差の少ない昔の石造りの堅牢な建物の中に収められしっかりと品質管理がなされています。

平成18年鹿児島県本格焼酎鑑評会で「薩摩乃薫」が上位2賞の1つである「杜氏代表賞」を受賞しました。

ギフト包装について