明治の正中(めいじのしょうちゅう)25度1800ml 【薩摩酒造】《芋焼酎》

味わいに基づいたひご屋の焼酎ラインアップ お好きな焼酎をお撰びください

初心者にオススメ 白麹を用いて醸された芋焼酎 黒麹を用いて醸された芋焼酎
ブレンド芋焼酎と個性派芋焼酎 香りが良くて飲みやすい芋焼酎 その他の飲みやすい芋焼酎
熟成芋焼酎 季節の焼酎・祝酒 麦焼酎
米焼酎とその他の原料の焼酎 黒糖焼酎 梅酒・リキュール
ギフト 南九州伝統の調味料&特産品 呑み比べセット
商品カテゴリー
商品カテゴリー
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

焼酎通販[焼酎のひご屋]トップページヘ > 蔵元・メーカー > 鹿児島県 > 南薩地区 > 薩摩酒造 > 明治の正中(めいじのしょうちゅう)25度1800ml 【薩摩酒造】《芋焼酎》

明治の正中25度1800ml

めいじのしょうちゅう
枕崎市  薩摩酒造

明治時代の製法(どんぶり仕込み)でつくった芋焼酎

●この焼酎をつくった薩摩酒造の「明治蔵」は、明治時代後期から昭和の終わりまで稼動していた枕崎市内にある花渡川工場の木組みの建屋・石組みをそのまま移築し、見せる焼酎工場として少量生産のこだわり焼酎を今でも手づくりしています。

●「明治の焼酎」は、明治35年の焼酎製造の古記録にもとづき、黄麹を用いて 麹と主原料のさつま芋・米とを同時に加えて仕込む「どんぶり仕込み」とよばれる仕込方法を再現してつくられました

   ※明治期の焼酎(モロミ)造りは、一般的に麹は「上方の清酒用の黄麹」を用い、
    この黄麹と酵母、原料のさつま芋、そして米を同時に加えて仕込む「仕込み方法」
    でモロミをつくっていました。失敗も多く、上質の焼酎は難しかったようです。
    そのうち沖縄の泡盛の製法が知られるようになって、麹は黒麹が使われ、仕込
    み方法も一次と二次と2回に分けて仕込まれるようになりました。
    この新しい仕込み方法の普及の中心となったのが黒瀬杜氏の集団です。

かすかな酸味のなかにサッパリした甘さが際立つ骨太な味わいに仕上がっています。

●ぬるめのお湯割りがあいますがロック・水割りもいけます。


容器は明治時代の留め金式の瓶を使用し専用化粧箱がついています

容 量:1800ml
原材料:さつま芋 米麹(黄)
アルコール度数:25度

明治の正中25度1800ml 【薩摩酒造】

明治の正中(めいじのしょうちゅう)25度1800ml 【薩摩酒造】《芋焼酎》

商品番号 ss21

価格3,348円(税込)

[会員のお客さまには31ポイント進呈 ]

在庫数:4

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

・明治時代の製法(どんぶり仕込み)でつくった芋焼酎

●明治35年の焼酎製造の古記録にもとづき、黄麹を用いて 麹と主原料のさつま芋・米とを同時に加えて仕込む「どんぶり仕込み」とよばれる仕込方法を再現してつくられました。
かすかな酸味のなかにサッパリした甘さが際立つ骨太な味わいに仕上がっています。
●ぬるめのお湯割りがあいますがロック・水割りもいけます
●枕崎市 薩摩酒造

ギフト包装について