蔵内(くらうち)特命指示書25度1800ml 【酒蔵王手門】《芋焼酎》


味わいに基づいたひご屋の焼酎ラインアップ お好きな焼酎をお撰びください

初心者にオススメ 白麹を用いて醸された芋焼酎 黒麹を用いて醸された芋焼酎
ブレンド芋焼酎と個性派芋焼酎 香りが良くて飲みやすい芋焼酎 その他の飲みやすい芋焼酎
熟成芋焼酎 季節の焼酎・祝酒 麦焼酎
米焼酎とその他の原料の焼酎 黒糖焼酎 梅酒・リキュール
ギフト 南九州伝統の調味料&特産品 呑み比べセット
商品カテゴリー
■ギフト用品■
商品カテゴリー
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

焼酎通販[焼酎のひご屋]トップページヘ > 蔵元・メーカー > 宮崎県 > 酒蔵王手門 > 蔵内(くらうち)特命指示書25度1800ml 【酒蔵王手門】《芋焼酎》

蔵内(くらうち) 特命指示書 25度 1800ml

くらうち とくめいしじしょ
宮崎県日南市  酒蔵王手門

限定品

これが明治の風!!明治創業時の焼酎復刻第弐弾です。とても濃厚でコクのある重厚な旨み・・是非体験してみてください

●明治28年(1895年)日南市飫肥で創業した伝統酎蔵・酒蔵王手門は、平成17年(2005年)醸造所を同じ日南市 の緑豊かな山々に囲まれた北郷町大藤に移転新設しより充実した焼酎造をはじめました。

広い敷地の中にある蒸溜所には醸造設備が整然と配置され機能的という印象をうけました。
蔵では独自のこだわりでインパクトのある焼酎づくりをされています。

 ・仕込みの際の温度を高めに設定して管理する「高温発酵仕込み」
 ・ブレンドも「原料それぞれの良さ」を引き立たせるため行っています
 ・蒸留や濾過にも工夫して個性的な味わいを醸し出しています

●蔵では、インパクトのある酒名がついた個性的な焼酎を次々と発売しています。

蔵内 極秘稟議書」につづく 明治の風を求めて・焼酎復古第弐弾の焼酎が この「蔵内(くらうち)特命指示書」です。
「極秘稟議書」が黄金千貫芋を原料としていたのに対し、「特命指示書」は甘みの強い安納芋を原料に麹米に宮崎産コシヒカリを使用してつくられています。


瓶に添付した「指示書」には次のような文が記されています。

   明治の風〜をコンセプトに、先に稟議書を造らせていただき、更に同じ思いでこの
   商品を造らせていただきました。
   当蔵の自由な発想に基づいて、蔵人の高い技術への向上心をいとわず、全ては飲み
   手の「美味い!」の一言をいただきたく、謹んで焼酎を醸させていただきました。


   

●「蔵内 特命指示書」も製造に工夫を重ねています

  ○原料芋に、密のように甘い「安納芋」を使用し、麹用米に宮崎県産コシヒカリを
   使っています。
  ○二次仕込みで、温度を低めに設定し濃厚さを引き立たせる製法をおこなっていま
   す。
  ○蒸留した後の「垂れ液」を冷却する温度(品温)を極めて低く設定し、そのため
   フルフラール(こげ臭)やフーゼル油の旨みを十分利かせた蒸留仕上げにしてい
   ます。
  ○完全な無濾過仕上げです。
    
そして、「初心者の方は、ロックがおすすめです」の注意書きがあります。

試飲しました!

  ○開栓すると、濃厚で厚みのある豊かな芋の芳香が漂います
   安納芋の焼酎はフルーティーで上品な香りが多いのでアレッ!という感じです。
  ○口に含むと、濃厚でコクのあるしっかりした深い旨みが口中に広がります。
   甘みはあまり感じませんが、雑味や変なクセはなく、スムースに喉に入ります。
   喉越しはまろやかで、芋の深い旨みが長く余韻を残します。
   25度のアルコール度数ですが、喉の奥がカァ〜と熱くなりました。
  ○ロック・水割り、そしてお湯割りと・・楽しめるレベルの高い芋焼酎です。

●これが明治の風?
とても濃厚でコクのある重厚な旨み・・是非体験してみてください





容 量:1800ml
原材料:さつま芋 米麹(白)
アルコール度数:25度

蔵内(くらうち)特命指示書25度1800ml 【酒蔵王手門】《芋焼酎》
蔵内(くらうち)特命指示書25度1800ml 【酒蔵王手門】《芋焼酎》
蔵内(くらうち)特命指示書25度1800ml 【酒蔵王手門】《芋焼酎》

蔵内(くらうち)特命指示書25度1800ml 【酒蔵王手門】《芋焼酎》

商品番号 ot44

価格4,044円(税込)

[会員のお客さまには37ポイント進呈 ]

売り切れました。入荷についてはお気軽にお問い合わせください。

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

・これが明治の風!!明治創業時の焼酎復刻第弐弾です。とても濃厚でコクのある重厚な旨み・・是非体験してみてください

●インパクトのある本格焼酎を、密かに造りたい・・と願う杜氏の願いの第弐弾です。
第壱弾の「蔵内稟議書」と異なり、安納芋を原料に麹用米はコシヒカリを使用しました。
製造を工夫し、濃厚で厚みのある豊かな芋の芳香に、濃厚でコクのあるしっかりした深い旨みが口中に広がります。甘みはあまり感じませんが、雑味や変なクセはなく、スムースに喉に入ります。
喉越しはまろやかで、芋の深い旨みが長く余韻を残します。
●ロック・水割り、そしてお湯割りと・・楽しめるレベルの高い芋焼酎です。

●日南市 酒蔵王手門

ギフト包装について