ぬばたま25度1800ml 【大石酒造】《芋焼酎》

味わいに基づいたひご屋の焼酎ラインアップ お好きな焼酎をお撰びください

初心者にオススメ 白麹を用いて醸された芋焼酎 黒麹を用いて醸された芋焼酎
ブレンド芋焼酎と個性派芋焼酎 香りが良くて飲みやすい芋焼酎 その他の飲みやすい芋焼酎
熟成芋焼酎 季節の焼酎・祝酒 麦焼酎
米焼酎とその他の原料の焼酎 黒糖焼酎 梅酒・リキュール
ギフト 南九州伝統の調味料&特産品 呑み比べセット
商品カテゴリー
商品カテゴリー
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

焼酎通販[焼酎のひご屋]トップページヘ > 蔵元・メーカー > 鹿児島県 > 北薩・霧島地区 > 大石酒造 > ぬばたま25度1800ml 【大石酒造】《芋焼酎》

ぬばたま25度1800ml

ぬばたま
阿久根市  大石酒造

限定品

2種類の原酒をブレンドした、しっかりした芋の香に濃厚で力強くまろやかな甘みに仕上がっています。黒瓶に黒のラベルは「ぬばたま」のイメージ? 

●阿久根市波留にある大石酒造は明治32年(1899年)創業の伝統蔵です。
蔵の脇にはシンボルともいうべきレンガ造りの煙突があります。

    ※以前は、現在の倍以上の高さだったのですが 1997年(平成9年)
     阿久根市近くを震源地とした鹿児島県北西部地震で崩れてしまっ
     たのだそうです。

大石酒造のこだわりは「地産地消」のようです。
地元で生産される素材を使い、地元で消費する(ただ、大石酒造の焼酎は地元だけでなく全国で飲まれるようになりました)「鶴見」「莫祢氏」などの通常商品には澱粉工業が盛んだった地元・阿久根市で広く植えられていた澱粉芋「白豊」が原料として使われています。
麹用米も阿久根市で生産された県産米が使われています。

●限定焼酎「ぬばたま」は2種類の原酒をブレンドしてつくられました。
地元産の「白豊」芋を原料にした原酒と「紅さつま」芋を原料にした原酒で、麹用米は地元産のヒノヒカリです。

万葉集の枕詞(「ぬばたまの夜」「ぬばたまの夢」)で知られる「ぬばたま」はヒオウギ(檜扇)というアヤメ科の 多年草の種子のことだそうです。
「ぬばたま」は、何かミステリアスな真っ黒な色をしています。

この「ぬばたま」のイメージそのままに、黒瓶に黒のラベルの神秘的なイメージのデザインにまとめられています。

●なめらかで濃厚な口当たりに香りの強い焼酎に仕上がっています。

試飲しました!
   

  ○開栓すると、ふくよかでしっかりした芋の香りが漂います。
  ○口に含むと、濃厚ですがまろやかな甘味が口中に広がります。甘みと
   赤芋(紅さつま)ならではの少々の苦味とのバランスがいいように感じます。
   口当たりは力強くまろやかで、香りが鼻に抜けます。
  ○試飲の結果はほとんどがお湯割りでした。
   やさしい香りに、旨みの増した味わいは「ミステリアス」かもしれません

   

容 量:1800ml
原材料:さつま芋 米麹(白)
アルコール度数:25度

ぬばたま25度1800ml 【大石酒造】《芋焼酎》
ぬばたま25度1800ml 【大石酒造】《芋焼酎》
ぬばたま25度1800ml 【大石酒造】《芋焼酎》

ぬばたま25度1800ml 【大石酒造】《芋焼酎》

商品番号 oi13

価格2,880円(税込)

[会員のお客さまには27ポイント進呈 ]

在庫数:2

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(3.0) 3.00

さわらさん(13件) 購入者

20代/男性 投稿日:2016年02月13日

おすすめ度 おすすめ度(3.0)

大石酒造の焼酎が好きで買ってみた。
香りは鶴見に近い感じ。
ストレートで飲むと少し甘味が感じられる。
温めるとさらに甘味が強くなる。
値段の差を考えると、鶴見で満足しているなら鶴見の方がコスパは良い。

・2種類の原酒をブレンドした、しっかりした芋の香に濃厚で力強くまろやかな甘みに仕上がっています。黒瓶に黒のラベルは「ぬばたま」のイメージ?

●2種類の原酒をブレンドしてつくられました。
地元産の「白豊」芋を原料にした原酒と「紅さつま」芋を原料にした原酒で、麹用米は地元産のヒノヒカリです。
ふくよかでしっかりした芋の香りに、濃厚ですがまろやかな甘味が口中に広がります。甘みと赤芋(紅さつま)ならではの少々の苦味とのバランスがいいように感じます。
口当たりは力強くまろやかで、香りが鼻に抜けます。
●オススメはお湯割り。やさしい香りに、旨みの増した味わいは「ミステリアス」かもしれません

●阿久根市 大石酒造

ギフト包装について