『初留取り万暦(ばんれき) 44.5〜44.9度360ml』を買うならココ!
送料一律550円!7800円以上のお買い物で送料無料!焼酎の本場鹿児島から即日発送いたします!

味わいに基づいたひご屋の焼酎ラインアップ お好きな焼酎をお撰びください

初心者にオススメ 白麹を用いて醸された芋焼酎 黒麹を用いて醸された芋焼酎
ブレンド芋焼酎と個性派芋焼酎 香りが良くて飲みやすい芋焼酎 その他の飲みやすい芋焼酎
熟成芋焼酎 季節の焼酎・祝酒 麦焼酎
米焼酎とその他の原料の焼酎 黒糖焼酎 梅酒・リキュール
ギフト 南九州伝統の調味料&特産品 呑み比べセット
商品カテゴリー
商品カテゴリー
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

焼酎通販[焼酎のひご屋]トップページヘ > 蔵元・メーカー > 鹿児島県 > 薩摩半島中部 > 西酒造 > 初留取り万暦(ばんれき) 44.5〜44.9度360ml 【西酒造】《芋焼酎》

初留取り 万暦 44.5〜44.9度360ml

ばんれき
日置市  西酒造

季節限定品

「洞爺湖サミット」の晩餐会で振舞わた西酒造の「初垂れ(はなたれ)」です

●蒸留して最初に抽出される「初垂れ(はなたれ)」は、アルコール度数が高く濃厚な味わいで知られています。

「万暦」は,自家培養酵母を使用したモロミを蒸留し 垂れてきたばかりの濃厚な原酒をすくい取り、ボトルに詰めた芋の旨味がもっとも凝縮された1本です。
甘い香りにパンチの効いた味わいです。

●ロックや水割りもいいですが、瓶ごと冷凍庫でキンキンに冷やしてストレートで飲むのも一興です(アルコール度数が高いので瓶は割れません)。
濃厚でありながら軽快な飲み口です


2007年開催されました「洞爺湖サミット」の晩餐会で、焼酎では西酒造の「宝山 芋麹全量」と この「万歴」だけが選ばれて振舞われました。
「万歴」は、ワインクーラーにドライアイスを抱かせてキンキンに冷やされた状態で振舞われたそうです。


「万暦」は1年に1回、5月に出荷されます


○2011年度のモンドセレクションで「最高金賞」を受賞しました
○インターナショナル ワイン&スピリッツコンペティション(IWSC2014)で金賞を受賞しました

容 量:360ml
原材料:さつま芋 米麹(白)
アルコール度数:44.5〜44.9度

初留取り万暦 44.5〜44.9度360ml 【西酒造】

初留取り万暦(ばんれき) 44.5〜44.9度360ml 【西酒造】《芋焼酎》

商品番号 ns41

価格3,240円(税込)

[会員のお客さまには30ポイント進呈 ]

在庫数:38

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

・西酒造の「初垂れ(はなたれ)」です-「洞爺湖サミット」の晩餐会で万歴が振舞われました
●自家培養酵母を使用したモロミを蒸留し垂れてきたばかりの濃厚な原酒をすくい取り、ボトルに詰めた芋の旨味がもっとも凝縮された1本です。
甘い香りにパンチの効いた味わいです。
●ロックや水割りもいいですが、瓶ごとキンキンに冷やしてストレートで飲むのも一興です。濃厚でありながら軽快な飲み口です
●アルコール度数:44.9度
●日置市 西酒造

ギフト包装について
蔵元訪問記

■西酒造株式会社

■日置市吹上町興倉4970-17番地

西酒造
<西酒造> 木桶蒸留器
<木桶蒸留器> 実験室
<研究室> 「天使の誘惑」貯蔵庫
<「天使の誘惑」貯蔵庫> 醸造所内部-白衣を着用
<醸造所内部-白衣を着用> 精米工場
<精米工場> 中島常楽院
<中島常楽院>

西酒造を訪問するのは3年ぶり(前回、平成18年訪問)ですが、その変貌(充実)に感心しました。

醸造所内部は拡張され、充実していました。
3年前には無かった木桶蒸留器が設置されていました。すでに稼動し、木桶蒸留器で蒸留した原酒は熟成中で商品化は数年後とのことです。
醸造所の一角にあった研究・試験室は別棟に移転していました。
種々の研究テーマに取り組んでいるほか、製造機器のミニプラント(製麹、芋蒸機、仕込みタンク、蒸留器・・)も備え、現場と一体となって試験醸造を行っているそうです。

そして、最近出来たという音楽ホールのような重厚で立派な建物にも案内していただきました。
空調が完備した大きなホールに、何と!焼酎の入った樫樽(天使の誘惑の原酒)がビッシリと詰まっていました。スゴイ!の一言です。

醸造所内は どこを見ても「これが醸造所だろうか」と思うくらい清潔に保たれています。
私の知る限り、西酒造は原料や設備の管理そして人の礼儀正しさという点で 業界でもトップクラスだと思います。

その蔵が一昨年、唯一!他人任せだった麹用米でお米の不正流用問題に巻き込まれてしまいましたが、見事に克服しつつあります。


【訪問時、醸造所と道路をはさんだ反対側の山の中腹で造成工事がはじまっていた精米工場も昨年(2009年)暮れ完成しました。
想像していたよりもはるかに大規模で、麹用米の鮮度を保つため常時12〜15度の温度管理ができる低温倉庫を備えた精米工場です。
1年間に使用する1100トン以上のお米(玄米)を備蓄し、一度の仕込みに使う量だけを常温で一日寝かせて精米をおこない麹用米として使用します。
当店もお米を扱っているのでお米について多少の知識はありますが、食用米業界でもこれだけの取組をしているところは少ないと思います。
お米はすべて鹿児島の米農家に栽培を依頼した鹿児島県産米です。

米農家に栽培を依頼し、その米を低温倉庫で保管し自社精米工場で精米して麹用米に仕上げられることになりました。
これで原料芋(契約栽培)・水(「宝銘水」)とともにお米も蔵が管理できる一貫体制が出来上がりました。
業界で初めての試みだと思います。】

蔵訪問の最後に、吹上町田尻にある旧蔵にも案内していただき、旧蔵のすぐそばにある、「宝山」の酒名の由来となった「宝山検校」が建立したと伝えられる中島常楽院という寺院跡にも案内していただきました。

ギフト包装について