やきいも黒瀬25度1800ml 【鹿児島酒造】《焼き芋焼酎》

味わいに基づいたひご屋の焼酎ラインアップ お好きな焼酎をお撰びください

初心者にオススメ 白麹を用いて醸された芋焼酎 黒麹を用いて醸された芋焼酎
ブレンド芋焼酎と個性派芋焼酎 香りが良くて飲みやすい芋焼酎 その他の飲みやすい芋焼酎
熟成芋焼酎 季節の焼酎・祝酒 麦焼酎
米焼酎とその他の原料の焼酎 黒糖焼酎 梅酒・リキュール
ギフト 南九州伝統の調味料&特産品 呑み比べセット
商品カテゴリー
商品カテゴリー
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

焼酎通販[焼酎のひご屋]トップページヘ > 蔵元・メーカー > 鹿児島県 > 北薩・霧島地区 > 鹿児島酒造 > やきいも黒瀬25度1800ml 【鹿児島酒造】《焼き芋焼酎》

やきいも黒瀬25度1800ml

やきいもくろせ
阿久根市  鹿児島酒造

黒瀬安光総杜氏の焼芋焼酎!焼き芋の香りと甘味の濃い仕上がりです

●鹿児島酒造阿久根工場は肥薩おれんじ鉄道・阿久根駅のすぐそばにあります。
総杜氏として蔵を率いるのが50年以上にわたって焼酎づくりに携わってきた「現代の名工」 黒瀬安光総杜氏です。

黒瀬総杜氏は「麹使いのプロ」として、難しい麹を使いこなし特色のある味わい深い焼酎をつくりだしています。

●鹿児島酒造と言ったら「焼芋焼酎」というイメージを人々に抱かせるほど、群を抜くウマさを見せつけるこの「やきいも黒瀬」。
芋は焼いて食べたほうが美味いという黒瀬安光杜氏の発想をもとに誕生した焼酎です。

原料となる芋(黄金千貫)を焼いて製造していますが、最も苦心したのは「香りと甘味のバランス」だったとうかがいました。
焼き芋の香りを強く出すため、焼くときに焦げるくらいに焼かないと良い香りが出ません。しかし、あまり焼き過ぎると焦げた香りがして良い焼酎になりません。
黒瀬安光総杜氏は10年余の年月をかけて納得できる焼芋焼酎をつくりあげたそうです。

そして、37〜38度になる原酒を昼夜二日間マイナス5度迄冷却し不純物を除去することで、詰め入れをして日が経つ程 香りと甘味が増し悪酔いが少ない焼酎になりました。

●焼き芋の香りと甘味の濃い仕上がりです。

●焼き芋の香ばしい風味を楽しむのでしたらお湯割がオススメですが、ロックも十分にいけます。
      ※ロックにすると焼き芋の香りがうすくなります


1回に焼きあげる芋の量が80キロの窯・4台で、丹念に小一時間かけて石焼芋のように焼き上げて仕込むそうです。
火が弱すぎても香りが出ず、焼きすぎると焦げ臭がつくため、常に交代で火の番をし、その作業は24時間体制で休むことなく1カ月間続きます

容 量:1800ml
原材料:さつま芋 米麹(白)
アルコール度数:25度

やきいも黒瀬25度1800ml 【鹿児島酒造】《焼き芋焼酎》

やきいも黒瀬25度1800ml 【鹿児島酒造】《焼き芋焼酎》

商品番号 kg25

価格2,465円(税込)

[会員のお客さまには23ポイント進呈 ]

在庫数:2

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

・黒瀬安光総杜氏の焼芋焼酎!焼き芋の香りと甘味の濃い仕上がりです

●芋は焼いて食べたほうがうまいという発想をもとに誕生しました黒瀬安光杜氏は10年余の年月をかけて納得できる焼芋焼酎をつくりあげたそうです。
焼き芋の香りと甘味の濃い仕上がりです。
●ロックもいけますが、お湯割りにすると更に香りと甘みが増して焼き芋の旨味が強く感じられます。
●阿久根市 鹿児島酒造

蔵元訪問記

■鹿児島酒造株式会社

■阿久根市栄町130番地

鹿児島酒造
<鹿児島酒造> 鹿児島酒造事務所
<鹿児島酒造事務所> 鹿児島酒造醸造所
<鹿児島酒造醸造所>

鹿児島酒造阿久根工場は、肥薩おれんじ鉄道・阿久根駅の裏手にあります。

前身の安楽酒造から1986年(昭和61年)に鹿児島酒造と改称された蔵で、醸造所の壁面には安楽酒造時代から50年以上地元の方に愛飲されてきた甲乙混和焼酎「初光(はつひかり)」の文字が大きく書かれています。

工場長として蔵をまとめておられるのが名杜氏として知られる「黒瀬安光」氏です。
黒瀬氏は杜氏の里・南さつま市笠沙町黒瀬の出身で黒瀬杜氏の伝統と技を受け継ぐ一人です。
先日蔵を訪ねたときに黒瀬氏からお話をお伺いし蔵内を案内していただきました。
建物や設備は新しくありませんがピカピカに磨かれた器具や礼儀正しい従業員の方々に感心しました。

鹿児島酒造の焼酎は、旨み成分を残すため強い濾過を加えず、原酒を-4度から-5度迄冷却し凍って分離した不純物を取り除くとう製造方法を用いています。
また、芋は焼いて食べたほうがうまいという発想をもとに開発した焼き芋焼酎(「焼いも諸白」)ですが、納得できるまで10年以上の年月がかかったそうです。
つくりもこだわっていて、二次モロミとして発酵させる芋は、そのままの形が一番美味しい・・という考えで、粉砕せずに もとの焼き芋のままモロミに入れるという手間のかかる製造工程を工夫されています。

創意工夫で、個性的な焼酎を次々と世に出している黒瀬安光杜氏ですが 基本は丁寧な焼酎づくりのようです。

ギフト包装について