前田利右衛門(まえだりえもん)25度1800ml 【指宿酒造】《芋焼酎》

味わいに基づいたひご屋の焼酎ラインアップ お好きな焼酎をお撰びください

初心者にオススメ 白麹を用いて醸された芋焼酎 黒麹を用いて醸された芋焼酎
ブレンド芋焼酎と個性派芋焼酎 香りが良くて飲みやすい芋焼酎 その他の飲みやすい芋焼酎
熟成芋焼酎 季節の焼酎・祝酒 麦焼酎
米焼酎とその他の原料の焼酎 黒糖焼酎 梅酒・リキュール
ギフト 南九州伝統の調味料&特産品 呑み比べセット
商品カテゴリー
商品カテゴリー
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

焼酎通販[焼酎のひご屋]トップページヘ > 蔵元・メーカー > 鹿児島県 > 南薩地区 > 指宿酒造 > 前田利右衛門(まえだりえもん)25度1800ml 【指宿酒造】《芋焼酎》

前田利右衛門25度1800ml

まえだりえもん
指宿市  指宿酒造

限定品

芋と麹米にこだわり黄麹で仕込んだまろやかで上品な口当たりの芋焼酎

●指宿酒造は、昭和62年(1987年)、指宿市内にあった焼酎蔵元5社が合併し発足しました。

蔵は、九州一の湖・池田湖を望む小高い丘の上にあります。
池田湖の対岸に見える「薩摩富士」開聞岳の麓はサツマイモの栽培に適し、古くからサツマイモの名産地として知られています。
そこで契約栽培されたサツマイモを原料に、蔵の裏山にある金山廃坑跡(薩摩藩の隠し金山といわれる大谷金山廃坑)のミネラル成分に富んだ地下水を仕込み水・割り水として焼酎を醸しています。

恵まれた自然環境にある蔵は、2003年環境保全の国際規格である「ISO14001」を取得し、積極的に環境保全に取り組んでいます。

●江戸時代・日本本土にはじめてサツマイモを伝えた「甘藷翁・前田利右衛門」の名を冠した焼酎「前田利右衛門」を指宿酒造は大きなこだわりをもってつくりあげました。

蔵の「前田利右衛門」に対するこだわりとは?
それは、焼酎つくりの基本である「芋」「麹米」「麹菌」「熟成」です

 ☆芋は、開聞岳山麓の農家で自然に近い完全堆肥によって育てられた有機芋を原料にしています。
 ☆麹米は、国産米です。
 ☆麹は日本酒に使われている「黄麹」。
 ☆更に、長期間貯蔵熟成(タンク熟成)させてから出荷しています

●こうして造られた「前田利右衛門」は、
クセがなくスッキリしたなかに、芳醇な香りとふくらみのあるまろやで上品な口当たりに仕上がっています。
飲みやすく、スッキリと喉をとおりいつの間にか酒量を過ごしている・・といったタイプです。

木桶蒸留・甕壺熟成などとは また違った美味しさで、ロック・水割りは勿論、お湯割にもあいます。


○指宿酒造の代表銘柄・利右衛門シリーズの「利右衛門(りえもん)」という酒名は 宝永2年(1705年)琉球から初めて日本本土にサツマ芋(唐芋=からいも)を薩摩に伝えたを「甘藷翁・前田利右衛門翁」に由来しています。

前田利右衛門翁の出身地である指宿市山川徳光地区には「前田利右衛門」を祀る徳光神社が建立されています

容 量:1800ml
原材料:さつま芋 米麹(黄)
アルコール度数:25度

前田利右衛門25度1800ml 【指宿酒造】

前田利右衛門(まえだりえもん)25度1800ml 【指宿酒造】《芋焼酎》

商品番号 ib22

価格2,400円(税込)

[会員のお客さまには22ポイント進呈 ]

在庫数:13

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

・芋と麹米にこだわり黄麹で仕込んだまろやかで上品な口当たりの芋焼酎<br><br>
●宝永2年(1705年)琉球から初めて日本本土にさつま芋をもたらした山川町岡児ヶ水の前田利右衛門翁にちなんで命名された焼酎です。<br>
●完全堆肥によって育てられた有機芋・「黄金千貫」を原料に麹米も国産米を使用。<br>
黄麹で仕込んだあと長期間貯蔵熟成(タンク)して出荷されます。<br>
スッキリしたなかに、芳醇な香りとふくらみのあるまろやかで上品な口当たりに仕上がっています。<br>
ロック・水割りは勿論、お湯割にもあいます。<br><br>
●指宿市 指宿酒造

蔵元訪問記

■指宿酒造株式会社

■鹿児島県指宿市池田6137番地1

指宿酒造
<指宿酒造> 池田湖と開聞岳
<池田湖と開聞岳> 裏山
<金山廃坑のある裏山-天狗伝説のある岩にしめ縄があります> 醸造所内部
<醸造所内部>
徳光神社
<徳光神社> さつまいも発祥の地
<さつまいも発祥の地>

指宿酒造協業組合は、昭和62年(1987年)、指宿市内にあった焼酎蔵元5社が協業組合を結成し発足しました。
※平成20年、組織変更により株式会社となりました

指宿酒造は、九州一の湖・池田湖湖を望む小高い丘の上にあります。
蔵から池田湖の対岸に見える「薩摩富士」開聞岳の麓はサツマイモの 栽培に適し、古くからサツマイモの名産地として知られています。
そこで契約栽培されたサツマイモを原料に、蔵の裏山にある金山廃坑跡 (薩摩藩の隠し金山といわれる大谷金山廃坑)のミネラル成分に富んだ 地下水を仕込み水・割り水として焼酎を醸しています。
恵まれた自然環境にある蔵は、2003年環境保全の国際規格である「ISO14001」を 取得し、積極的に環境保全に取り組んでいます。

大きな体育館のような醸造用建物には仕込みタンクや蒸留器がビッシリと、そして整然と配置されています。
作業しやすいように、タンク上部の高さに合わせ床がつくられ板張りになっています。ちょうど麦焼酎の仕込み中でした。
黒瀬杜氏の黒瀬和吉氏のもと若い蔵子たちがキビキビと作業していました。
醸造用機器は良く手入れされ、醸造所内部は清潔に保たれています。

平成18年 鹿児島県本格焼酎鑑評会と並び南九州では権威と伝統のある焼酎コンクール・熊本国税局酒類鑑評会で蔵の代表銘柄「利右衛門 黒」が優等賞代表受賞しました

指宿酒造の主力焼酎には「利右衛門(りえもん)」という名が冠せられています。
これは、江戸時代中期(5代将軍 徳川綱吉の治世の1705年)に琉球から サツマイモの苗を持ち帰った前田利右衛門(開聞岳の麓にある指宿市山川 岡児ヶ水の漁師)の名前に由来します。
前田利右衛門はサツマイモの栽培に成功し、さらに多くの苗をつくり 近隣の人々にも分け与えました。
その後、青木昆陽などの活躍もありサツマイモは日本全国へ広まります。
この前田利右衛門の徳を称え、出身地である山川岡児ヶ水に徳光(とっこう)神社が 建立されており、地元の人々からは甘藷翁(からいもおんじょ)と呼ばれ親しまれています。
平成16年(2005年)は、前田利右衛門が日本本土にサツマイモを伝えて 300年にあたりました。
地元指宿をはじめ鹿児島県下で様々な記念行事が行われました。

ギフト包装について