御幣(ごへい)黒ラベル 無濾過25度1800ml 【姫泉酒造】《芋焼酎》

味わいに基づいたひご屋の焼酎ラインアップ お好きな焼酎をお撰びください

初心者にオススメ 白麹を用いて醸された芋焼酎 黒麹を用いて醸された芋焼酎
ブレンド芋焼酎と個性派芋焼酎 香りが良くて飲みやすい芋焼酎 その他の飲みやすい芋焼酎
熟成芋焼酎 季節の焼酎・祝酒 麦焼酎
米焼酎とその他の原料の焼酎 黒糖焼酎 梅酒・リキュール
ギフト 南九州伝統の調味料&特産品 呑み比べセット
商品カテゴリー
商品カテゴリー
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

焼酎通販[焼酎のひご屋]トップページヘ > 蔵元・メーカー > 宮崎県 > 姫泉酒造 > 御幣(ごへい)黒ラベル 無濾過25度1800ml 【姫泉酒造】《芋焼酎》

御幣黒ラベル 無濾過25度1800ml

ごへい
宮崎県日之影町  姫泉酒造

限定品

宮崎最古の蔵が手作業にこだわって仕込んだ、黒麹に白麹をブレンドしクッキリしたコクと旨味の限定無濾過芋焼酎

●宮崎県北部・大分県熊本県との県境近くにある日之影町の姫泉酒造は、天保(てんぽう)二年(1831年)創業の宮崎県で最古といわれる蔵元です。

   ※時は江戸時代の後期で、天保八年(1337年)に大塩平八郎の乱、嘉永六年(1853年)
    黒船来航、そして慶応四年(1868年)が明治維新で その歴史の重みが感じられます

現在の当主は七代目で、仕込みをしている蔵も約130年以上の歴史があるそうです。
仕込み蔵は、蔵付き酵母、麹菌で柱や壁が黒く染まっていて、ここで造られた焼酎が少し味と香りが他社と異なるのはここにあると語られています。
それが伝統の重みでもあるし、かけがえのない伝承であると大切にされておられます。

●日之影町は五ヶ瀬川の渓谷沿いに開けた自然豊かな町です。
五ヶ瀬川沿いにある蔵の仕込み水・割り水は対岸に湧く湧き水をホースで引っ張ってきて使っているそうです。
数千年前の阿蘇の大噴火により出来た木炭の層を通り湧き出てきた湧き水を先代が発見し、対岸にあるこの場所に蔵を構えたそうです。
そして、仕込みから瓶詰めラベル張りまで現在も手作業中心でおこなっています。

現当主の「新しいものはいくらでも生まれてきますが、古いものは一度やめたらもうつくれない」というお考え通り、つくりにこだわっておられます。

●「御幣(ごへい)黒ラベル 無濾過」は、月間600本の限定出荷商品です。
宮崎産の黄金千貫芋を原料に黒麹をベースに白麹をブレンドした無濾過製法の本格芋焼酎です。
芋焼酎本来の香りと旨味を残すため、昔の造りに近く手作業中心の製法にしました。あえて機械では一切濾過はせずに、余分なフーゼル油のみ手作業ですくいとっています。
微量に残る成分は香味成分(濃く感じる)ですので味わい深い風味に仕上がっています

    ※無濾過の芋焼酎づくりは大変な手間がかかります。
     秋口から冬場にかけての寒い時期−温度が下がることで脂分が分離し、タンクの
     表面に浮いてきたフーゼル油を柄杓ですくい取ります。
     朝・晩2回の作業になるそうです。

    ※また無濾過の芋焼酎は、原料の芋の鮮度が悪かったり傷んでいるとストレートに
     反映するので、蔵では新鮮な朝堀り芋を使用し、ヘタを切り落とすなど丁寧な対応
     をされているそうです。

試飲しました!

  ○甘い香りになめらかな口当たり・・・「御幣白ラベル」と比べると、香りが芳醇で
   コクと旨味がクッキリしているという感じです。
   なめらかで そして奥深く、いくらでもいける感じです。
 
  ○飲み方は、お湯割り派が多数でした。
    ストレート、ロックも十分楽しめます。

容 量:1800ml
原材料:さつま芋 米麹(黒)
アルコール度数:25度

御幣(ごへい)黒ラベル 無濾過25度1800ml 【姫泉酒造】

御幣(ごへい)黒ラベル 無濾過25度1800ml 【姫泉酒造】《芋焼酎》

商品番号 hiz132

価格2,675円(税込)

[会員のお客さまには25ポイント進呈 ]

在庫数:6

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

・宮崎最古の蔵が手作業にこだわって仕込んだ、黒麹に白麹をブレンドしクッキリしたコクと旨味の限定無濾過芋焼酎

●月間600本の限定出荷商品で,黒麹をベースに白麹をブレンドした無濾過製法の本格芋焼酎です。
芋焼酎本来の香りと旨味を残すため、昔の造りに近く手作業中心の製法にし、機械では一切濾過はせずに、余分なフーゼル油のみ手作業ですくいとっています。
甘い香りになめらかな口当たり・・・「御幣白ラベル」と比べると、香りが芳醇でコクと旨味がクッキリしているという感じです。なめらかで そして奥深く、いくらでもいける感じです。 
●飲み方は、お湯割り派が多数でした。ストレート、ロックも十分楽しめます。
●日之影町 姫泉酒造

ギフト包装について